保育士が知っておきたい子どもへのNGワード

子どもが転んで泣いてしまったとき

(1) 子どもが転んで泣いてしまった時

 

子どもが転んでしまい、「いたーい」と言って泣いている時。

 

(2) 先生が投げかけてはいけない言葉

 

痛くない痛くない。

 

頑張って。

 

大丈夫!

 

いつまで泣いているの!

 

大げさね!

 

(3) 子どもの言い分

 

痛いよー。

 

(4) 子どもを笑顔にする言葉の投げかけ方

 

子どもは転んでしまったのですから、「痛い」のは事実です。

 

それなのに、その痛さを分かってもらえるどころか、
「痛くない痛くない」と否定されてしまったのでは、
心が折れてしまいます。

 

それでも子どもは、その痛さを分かって欲しかったり、
その痛さを分かってもらえない悲しさや悔しさなどから、
よけいに大きな声で泣いて訴えます。

 

そのようなときに、「いつまで泣いているの!?」と言ったり、
「大げさね」などと言うのはNG。

 

このような追い討ちをかけるような冷たい言葉を投げつけてしまうと、
子どもは泣かなくなるかもしれませんが、
「この人は自分を理解してくれない人だ。」と認識し、
何か困ったことがあると、その人に言わず他の人に言ったり、
その人に甘えることができなくなったりしてしまいます。

 

ですから、撫でたり、薬をつけるなどをし、
それなりの対応をした後で、
「大丈夫?痛かったね。」、「はい、もうお薬をつけたから大丈夫だよ。」
と言うようにします。

 

ヒトは、痛さを分かってもらえるだけで、
満足を得ることができます。

 

(5) 子どもの心をこちらへ向かせる方法

 

子どもは転んで痛かったので、「痛い」と言ったのであり、
嘘を言ったわけではありません。

 

それがどんな転び方であっても、
子どもの「痛い」と言う言葉をそのまま受け入れ、
認め、何らかの共感言葉を投げかけましょう。

 

すると子どもは、認めてもらえた嬉しさや自分の言葉が
受け入れられた満足感で心に余裕が生まれ、
相手が次に言う言葉を受け入れる準備をすることができます。

 

そこで「大丈夫?」、「我慢できる?」
と言う言葉に、頷くことができるでしょう。

 

子どもの「痛い」と言う気持ちを丸ごと受け止め、
そして、対処をし、「痛いね。大丈夫?」と声をかけるようにしてみてください。

 

きっと少し転んだくらいで、
いつまでも泣き喚く・・・ということはなくなると思います。