保育士が知っておきたい子どもへのNGワード

わかりましたか?というと「はーい」と間延びした返事をする

(1) こんなとき

 

分かりましたか?と子供たちに呼びかけると「は〜い!」と間延びした返事が帰ってくる

 

(2) 先生が投げかけてはいけない言葉

 

返事は、「ハーイ」じゃなくて「短くハイ!」です。

 

(3) 子どもの言い分

 

返事をしたら怒られちゃった。

 

(4) 子どもを笑顔にする言葉の投げかけ方

 

大人も「ダメ」を「ダーメ」と言ったり、
「まだ」を「まーだ」と言ってしまうことがあります。

 

このように、「はい」や「だめ」、「まだ」などの2文字言葉は、
どうしても「ー」が入ってしまい、間延びしてしまいがちです。
しかも、相手にその言葉をしっかり届けたいと思うと、
「ー」の部分は長くなってしまいます。

 

また、「おはようございます」も、「おはようございまーす!」
となってしまいます。

 

短く「はいっ!」とさせたいのであれば、
「じゃあ、今度は短くハイって言えるかな?」
といえば言いのです。

 

(5) 子どもの心をこちらへ向かせる方法

 

何かを問いかけて、返事が返ってくるだけですばらしいことです。

 

中高生や大人だと、返事すら返ってこないことがあるほどです。

 

ですから、きちんと返事ができたのであれば、「はーい」と間延びしていても、
まずは褒めてあげることが必要です。

 

大人は、子どもがきちんとできていることに対しては何も言わず、
ダメなところを探して否定していく習慣があります。

 

ですが、出来ている部分を探し誉めていくと、
子どもは意欲がわき、自信を持って行動するようになり、
その良い行動が定着していきます。