保育士が知っておきたい子どもへのNGワード

塗り絵をぐちゃぐちゃに塗る

(1) こんなとき

 

子どもが塗り絵をしていますが、一部を塗って終わり、
ぐちゃぐちゃに塗る、一色のみで塗るとき。

 

(2) 先生が投げかけてはいけない言葉

 

もっときれいに塗りなさい。

 

全然塗れてないでしょ。

 

(3) 子どもの言い分

 

先生はダメでも、僕は、私はこれでいい。

 

(4) 子どもを笑顔にする言葉の投げかけ方

 

子どもの塗り絵は、上手になっていく段階が、
一色で全体をぐちゃぐちゃに塗る
→手だけ、足だけ、靴だけ、目だけというように一部だけ塗る
→数色使ってはみ出して塗る
→はみ出して塗るが塗っている部分が多くなる
→塗り残しやはみだしはあるけれど、
なんとなく上手に塗るようになる右や上手に塗るというように、
お絵かきよりもはっきりしています。

 

そして、子どもはみんなその段階を経て上手になり、
経験枚数がモノを言います。

 

いきなりウマくなることはないので、
どの段階であっても、
子どもがベストを尽くしたつもりなので、
その塗り絵を認めることが大事です。

 

塗り残しがあっても、手抜きや下手なのではなく、
それで「自分はうまくやれた。」なので、
否定してはいけません。

 

経験を積めば、どんどん上手になります。

 

否定されるような言葉をかけられれば、
子どもはやる気を失ってしまい、
もうやめた!となってしまい、塗り絵が嫌いになってしまいます。

 

ですから、子どもが塗りえをしているときは、
「塗れたね。」、「格好良くなったね。」、
「今度塗るときはもう少し○○にしようか。」などと声をかけましょう。

 

(5) 子どもの心をこちらへ向かせる方法

 

仮にどんな下手なぬりかたであったにしても、
子どもにとってそれが今の段階で最高の出来なのです。

 

ですから、その事実をまず認めます。

 

何も塗られていなかった状態から、
少し色がつき、その絵がきれいになり、格好良くなったのですから、
誉めてあげましょう。

 

大人の目で見ると、そうでないように見えますが、
塗ったことを誉め、そして、「今度塗るときは○○だといいね」とか、
「今度塗るときは、○○してみようか。」
と言うように声をかけます。

 

子どもの「出来た!」と否定しないことが第一で、
まずは、「出来たね」とその塗り絵を認め、
助言することがあれば助言し「出来たらまた見せてね。」
と言うようにしましょう。