保育士が知っておきたい子どもへのNGワード

子どもが泣いていてフォローしたのに泣き止まない

(1) こんなとき

 

子どもが泣いていて、それなりの対応をし、フォローもしっかりしたのに
なかなか泣き止まないとき。

 

(2) 先生が投げかけてはいけない言葉

 

いつまだ泣いているの!?

 

泣いたらダメ。

 

(3) 子どもの言い分

 

悲しいから泣いているのにダメと言われたらもっと悲しくなっちゃう・・・。

 

(4) 子どもを笑顔にする言葉の投げかけ方

 

子どもは理由があって泣きます。

 

その理由はさまざまで、ごく些細なことで長く泣く子もいますし、
めったに泣かずすぐにケロッと笑顔になる子もいます。

 

つまり、子どもの泣き方にも個性があります。
その個性は、丸ごと受け入れたいものです。

 

泣き止ませようと思って言葉をかけても、
「泣いたらダメよ。」、「いつまで泣いているの?」、
「お友達に笑われてしまうよ。」というような言葉は、
何のフォローにもなっていません。

 

そればかりか、子どもはもっと悲しくなり、
さらに大きな声で泣き出してしまうこともあるでしょう。

 

「泣いたらダメよ。」、「いつまで泣いているの?」、
「お友達に笑われてしまうよ。」というような言葉が
何のフォローにもならないのは、「突き放し」や「拒否」
を感じさせる言葉だからです。

 

子どもには、「受容」や「容認」などの言葉が必要です。

 

子どもとの関係をより遠ざける叱り方で、
「突き放し」や「拒否」を感じさせる言葉を普段から使っていると、
日常の保育がますますやりにくくなり、
子供からの信頼感を失います。

 

ですから、「もう泣かなくて良いよ。」、「大丈夫だよ。」
と、声をかけてあげるようにします。

 

(5) 子どもの心をこちらへ向かせる方法

 

泣いている子供は、優しくされると泣き止みます。

 

泣いている理由はさまざまですが、
どんな理由であっても、まずは優しく抱きしめてあげましょう。

 

抱きしめられると、子どもは泣きながらでも嬉しくなり、
心が落ち着いてきます。

 

抱いてくれた人に対して安心感や信頼感を持つようになり、
その人のいうことに「聴く耳」を持つことができるようになるでしょう。

 

そこで、優しい言葉「大丈夫だよ。」、「泣かなくて良いよ。」
と言うような言葉をかけると、
泣き声がやんだり小さくなったりします。

 

ヒトは大人になっても優しさに弱いものです。
子どもであればなおさらです。

 

子どもが泣いていたら、優しく抱きしめ、優しい言葉で慰めましょう。