保育士が知っておきたい子どもへのNGワード

よその園の先生が園を訪れたとき、子供たちが「おばさん」と呼んでしまう

(1) こんなとき

 

よその園の先生が園を訪れたとき、
子供たちが「おばさん」、「おじさん」と呼んでしまったとき。

 

(2) 先生が投げかけてはいけない言葉

 

もう!おばさんじゃないでしょ。

 

ちゃんと先生と呼びなさい!

 

(3) 子どもの言い分

 

誰か分からないからおばさんだぁ〜れ?と言ってしまっただけ。

 

(4) 子どもを笑顔にする言葉の投げかけ方

 

子どもにとって知らない中高年者は、
みんな「おじさん、おばさん」です。

 

いきなり「先生」と呼ぶことはできません。

 

このような時、相手に対する気まずさから、
つい、子どもを叱ってしまいがちです。

 

ですが、子どもは単にしらなかっただけですから、
いきなり叱られれば戸惑いますし、
反感を持ちます。

 

ですから、「このお客様は○○園の先生です。
お名前は、○○先生ですよ。みんな○○先生って言えるかな?」
と言うように声をかけましょう。

 

(5) 子どもの心をこちらへ向かせる方法

 

相手には、子どもが失礼な呼び方をしたことを軽くわびましょう。

 

ご本人ももともとそれほど気にしていないはずですから、
子どもの失礼は許されます。

 

そして、子供たちに改めて紹介し、
「○○先生って言えるかな?」というように促しましょう。

 

子供たちは、先生を紹介してもらったことによって
親近感を覚え、満足感も覚えます。

 

そして、その後は喜んで「○○先生」と呼ぶようになります。

 

子どもが初めていらしたひとの名前を知るはずもありません。
子どもの事情を知らずして、いきなり叱ることがないようにしましょう。