保育士が知っておきたい子どもへのNGワード

子どもの食事のマナーが悪い

(1) こんなとき

 

子どもの食事のマナーが悪く、毎日指導が大変。

 

(2) 先生が投げかけてはいけない言葉

 

「どっち向いて食べてるの!」
「お箸で遊んでいるのはだあれ?」
「どうしておしゃべりばっかりしてるの!」

 

(3) 子どもの言い分

 

どっち、だあれ・・・って言われても・・・。

 

(4) 子どもを笑顔にする言葉の投げかけ方

 

食事のマナーの指導は、とても大変です。

 

注意をしても毎日同じことの繰り返しが多く、
叱ってばかりのこともあるでしょう。

 

しかし、「どっち向いて食べてるの!」、
「お箸で遊んでいるのはだあれ?」、
「どうしておしゃべりばっかりしてるの!」
というようにいうのは、ヒトの反感を買いやすい言い方です。

 

子どもは素直にいうことが聞けなくなります。

 

なぜなら、子どもに伝わるのは、怒っている人の感情のみだからです。

 

ですから「お箸であそんだらいけません。」、
「ちゃんと前を向いて食べようね。」、
「おしゃべりしないで食べましょう。」
と言うように、指導をしていきます。

 

(5) 子どもの心をこちらへ向かせる方法

 

確かに食事のマナーの指導は大変です。

 

ですが、するべきことと、してはいけないことを
毎日具体的に伝えていくと、
子どもの頭の中にすり込まれ、指導の結果が出てきます。

 

ただ、感情に任せて言葉を発するのではなく、
「お箸を持って。」、「横を向かないで。」、「前を向いて。」、
「足を組まないで。」、「ひじはつかないで食べてね。」
など、具体的な指導を心がけていきましょう。